H3VR・おすすめMODまとめ(全般版)

今回は銃を撃てる一人用VRFPS、H3VRのおすすめなMODを紹介していこうと思います。

各MODの画像は準備中です。そのうち追加していきます。

MODの導入にはR2MODMANというツールを使います。まだ使っていない人はこちらで導入方法や使い方を解説しているので読んでいってください。

あわせて読みたい
H3VRのMODの入れ方!必須ツールR2MODMANの導入方法・使い方 今日はMOD管理ツール、R2MODMANの使用方法を解説していきます。今回はH3VRで遊ぶ場合を基準に説明を行っていきますが、基本はValheimなど他のゲームでも変わりないはず...

実はH3VRのMODは遊び始めたばかりなので今後この記事に追記していくかもしれませんし、ひょっとしたらページを分割するかもしれません。

↓武器MODのみでページを作成しました。

あわせて読みたい
H3VRおすすめ武器MODまとめ(Hot Dogs, Horseshoes & Hand Grenades) 今回はH3VRについて、武器MODに絞って紹介します。追記がしやすいようにABC順です。 全部同時に入れると間違いなく競合して不具合が出るので少しずつ、できれば1個ずつ...
目次

武器追加

APEX LEGENDS武器MOD

https://h3vr.thunderstore.io/package/Nikpo/Nik_ApexLegendsWeapons/

大人気FPSのApexLegendsに登場する武器を追加します。

30-30リピーターは原作通り左に弾を入れる穴があるのでグリップをにぎったままリロードがしやすいです。(普通のレバーアクションライフルは右からリロードする)

追加武器は原作通りアイアンサイト手前に残弾数が表示されています。同様にサイトをつけるとサイトにも残弾数が表示されます。このサイトの残弾表示機能はMODで追加されたもの以外の武器に装着しても機能します。どの武器でも残弾数が見られて便利です。

89式

https://h3vr.thunderstore.io/package/Okkim/Howa_Type_89/

自衛隊の使っている89式小銃を追加します。フラットトップになっている無印版、アイアンサイトのついたクラシック版、無印版を短くしたショーティの3種類があります。

アイアンサイトが見やすく、更に発射レートが高いのでスポーンロックありのルールではとても強力です。

このゲームに登場する他の対応武器同様、STANAGマガジンであればどのデザインのマガジンでもつけることが可能です。

専用の銃剣も付けられます。

MCX SPEAR

https://h3vr.thunderstore.io/package/Muzzle/SIG_XM250/

米軍の次期主力小銃、SPEARを追加します。

同じく米軍の軽機関銃となるXM250もついてきます。

独特な形のスコープがついているのですが、通常のスコープと違ってやや横から覗き込んでもしっかりスコープの中を覗くことができるので非常に扱いやすいです。

この他にも「有名だけどH3VRにまだ実装されていない」といった感じの武器は検索すると出るかもしれません。

マスターソード

https://h3vr.thunderstore.io/package/Sockcat/Sockcat_MasterSword/

このゲームには近接武器があり、それを追加するMODもあります。

例えばこのMODではゼルダの伝説 時のオカリナの武器、防具を追加します。マスターソード、大ゴロン刀、コキリの剣、メガトンハンマー、ハイリアの盾、ミラーシールド、コキリの盾の7種類です。

これらのアイテムが敵や地面にぶつかるとゲーム内の効果音がなって面白いです。

ゲームモード追加

おすすめ!Capture the flag

https://h3vr.thunderstore.io/package/localpcnerd/BloodGulchCTF/

チーム対抗で、相手の陣地にある旗を自分の陣地に持って帰れば勝ちのゲームです。MOBのSosigを両チーム10体まで出すことができ、平原での前線の押し合いを楽しむことができます。

最初は平原でにらみ合いながら撃ち合うため遠距離武器が必要ですが、旗をとりに相手の陣地に近づいたときはリスポーンした敵との戦闘が起きるため近距離武器が必要で、旗を奪った後は片手がふさがっているので片手武器があれば逃げながらも戦えます。アイテムスポナーで好きな銃を持ってから試合に臨めるので、各種武器を持っておきましょう。

Gun Game

https://h3vr.thunderstore.io/package/HLin_Mods/GunGame_Progressions/

ガンゲームを追加するMODです。ガンゲームは「全員が敵で、敵を一定数倒すと武器が次のものになり、一番最初にすべての銃でキルを取った人が勝ちになる」というオンライン対戦FPSでよくあるゲームルールです。

このMODのガンゲームは全員が敵同士の通常のオンラインFPSのものとは違い、Sosig全員VS自分1人なので非常に難しいです。遮蔽を利用し、射線を切って戦いましょう。

このガンゲームをCoDのマップ、NukeTownやSandpitのマップでできるMODもあります。

(NukeTown)https://h3vr.thunderstore.io/package/localpcnerd/NuketownGunGame/

(Sandpit)https://h3vr.thunderstore.io/package/GEnigma/SandpitGunGame/

King of the hill(1拠点攻防)

マップの真ん中あたりにある1拠点を巡って争うゲームモードです。

敵が占拠している拠点を落とし、規定の時間守り通せばクリアです。

拠点が取られると時間はまた最初からやり直しになり、また味方は防衛時も突撃し割とすぐ死んでしまうので、ほぼ一人で1回もやられずに守り切る実力が必要です。装弾数の多いLMGなどを持っていくのがおすすめです。

いくつかのマップでMODが作成されています。

(雪山&バンカー)https://h3vr.thunderstore.io/package/Prometheuz/Wolf_ET_map_pack/

現在1マップですが砂漠系のマップも開発されているようです。現在あるマップでは洞窟や雪山での拠点攻防が楽しめます。

(施設)https://h3vr.thunderstore.io/package/devyndamonster/Island_Compound_After_Dark/

黄色っぽい謎の建物で戦闘します。屋内マップと屋外マップの二種類を選ぶことができ、同じ建造物の外側か内側で戦えます。

COD ゾンビモード風

https://h3vr.thunderstore.io/package/Kodeman/CodZombies/

CoDのゾンビモードを再現したMODのようです。

プレイヤーは閉ざされた家におり、外から侵入してくるゾンビを銃で撃退します。銃は最初は弱いピストルですが、プレイするうちに溜まっていくお金を使うことで新しい銃をアンロックできます。お金は移動できる範囲の拡張にも必要です。

攻めてくるゾンビはだんだん数が増し、強くなっていくのでお金を何に使うかは熟考が必要です。

出てくるゾンビは見た目が全然グロくないのでゾンビ系のゲームが苦手な人でも安心して遊べます。

ボイス変更

Take and holdでのボイス音声をVoiceroidで作成されたものに変更します。どちらも日本語の音声です。

アナウンサー結月ゆかり

https://h3vr.thunderstore.io/package/kirakirachan/Voiceroid_Yukari_TnH_Announcer/

Sosig(敵MOB)琴葉茜

https://h3vr.thunderstore.io/package/kirakirachan/TnH_Akane_chan_Voicelines/

特に茜ちゃんのものは導入することでSosigが意外と面白い事を喋っていたことに気づけるのでおすすめです。ちょっとしたジョークを言っていることもあれば死に際に悲しいセリフを吐くこともあります。

★ボイス変更MODの前提MOD「Mason」は手動導入の必要あり

https://h3vr.thunderstore.io/package/Stratum/Mason/

通常はMODの動作に必要な前提MODはMOD本体のダウンロードと同時に自動で行われますが、ボイス・BGM変更MODに関してはMasonというMODを自分で導入する必要があります。(普通にR2MODMANで「Download」を押すかブラウザで「Install with Mod Manager」を押すだけです。)

Masonを追加するとTake and Holdのロビーに音声変更用のパネルが設置されます。まず真ん中下方のボタンから変更したい対象の音声を選んで、上のリストから自分の選びたい音声を選択しましょう。

Masonはマップ追加系MODの前提MODとなっていることが多いので、それらを追加している場合はすでに導入されていることもありますが、二重でダウンロードしても大丈夫なので音声変更パネルが出ない場合は確認してみましょう。

キャラクター追加(TnHの武器テーブルや敵の変更)

キャラクターといっても、主人公がコスプレをするわけではありません。

H3VRで言うキャラクターとはTake and Holdで出る武器の種類を決定するアレのことです。これらのMODではこのキャラクターを追加できます。

TimeTravelTimmy

https://h3vr.thunderstore.io/package/devyndamonster/TimeTravelTimmy/

ホールドを攻略するたびに時代が進んでいきます。はじめは西部開拓時代の武器から始まり、(5ホールドの場合)最後は現代で終わります。1プレイで複数の時代の武器が使えるのでおすすめです。

敵も自分の時代に合わせた装備になっているので互角の環境で戦えます。

武器購入システムが独特で、このキャラクターではホールドクリア時にトークン(武器購入に使うお金のようなもの)は1つしかもらえません。補給地点ではその時代のトークン1つで買える武器がいくつかあり、それを選んで次のホールドへ向かいます。自分が選べるのは武器の生産国くらいで、どんな武器が出るかは運次第です。

Bolty Burty

https://h3vr.thunderstore.io/package/Pykkle/Bolty_Burty/

ボルトアクション武器のみが出るキャラクターです。第一次大戦~第二次大戦の武器が出るGrumbly GI Graysonとは違い、敵は連射の遅いピストルしか使ってきません。ボルトアクションのみでも最後まで戦い切れる難易度になっているのでボルトアクションライフルが好きな人にはおすすめなキャラクターです。

ShotgunSally

https://h3vr.thunderstore.io/package/mostcallmeliz/ShotgunSally/

ショットガンのみのキャラクターです。ショットガン好きにおすすめ。

便利系MOD

ポータブルアイテムスポナー

https://h3vr.thunderstore.io/package/MaiqTheDude/PortableItemSpawner/

リストメニュー(手のひらを手前に向けると見えるメニュー)にいつでも呼び出せるアイテムスポナーを追加します。とても便利です。

Blighter Flashlights(ライト類をより明るく)

https://h3vr.thunderstore.io/package/cityrobo/Brighter_Flashlights/

MODなしのバニラでは、銃につけるフラッシュライトや手持ちの懐中電灯は数メートルで不自然に効力を失ってしまいます。このMODを入れるとライトの明るさがより自然になり遠くまで照らせるようになります。夜戦マップなどで遊ぶ場合は必須級のMODです。

右がMOD導入後です。

Take and hold マップ追加

僕が一番好きなのがこのタイプのMODです。Take and holdのステージを増やしてくれるMODになります。

結構沢山あるので好きな順に紹介していきます。

以下、プレイ中のメモをもとに書いているので「だ・である体」です。

Aporkalypse_Now★★★★★

https://h3vr.thunderstore.io/package/Marcel/Aporkalypse_Now/

超おすすめ!超広大な滅びた都市のマップ。
雰囲気がものすごく良い。ポストアポカリプスものが好きならかなりグッとくるはず。
ボロボロの病院やツタの生えたビル、崩れた高速道路に生存者のキャンプとロケーションが盛りだくさん。車や看板などオブジェクトの種類も多く見ていて飽きない。

もちろん広いので拠点間のマラソン時間はやや長い。とはいえバニラの屋外マップよりはだいぶ短い。景色も移り変わるので歩いていても退屈しない。
空が綺麗で高いのもリアル感があって良い。ローポリなのに雰囲気がかなりあるマップ。

ちなみにツタやハシゴは全て登ることができる。高所から狙撃しよう。

Wurst_City Reloaded ★★★★★

(昼):https://h3vr.thunderstore.io/package/Marcel/TNH_Wurst_City_Day_/

(夜):https://h3vr.thunderstore.io/package/Marcel/TNH_Wurst_City_Night/

最高!
広めの現代都市マップで街並みが綺麗。ガラス張りのビルだけでなくひさしのついた家、れんが造りのビル、病院、ピザ屋の広告など街にありそうなものがあって見応えがある。マリオオデッセイのニュードンクシティみたい。

交戦距離はバニラの屋内マップと屋外マップの中間くらいの中距離戦。ハシゴや階段付きの家は一見登れなさそうでも周りの小さいオブジェクトから飛び乗れば大体登れる。

探索面でも戦闘面でも楽しいイチオシマップ。

夜戦バージョンもあるが昼と変わらない明るさでとても明るい。

↑ゲームオーバー時に行く高層ビルからの眺め。

Hotel Hotlink

https://h3vr.thunderstore.io/package/sirpotatos/Hotel_Hotlink/

ストーリー仕立て?の面白いマップ。特殊部隊の作戦ルームから始まり、車に乗ってボタンを押すことで本マップに着く。
テロリストの占拠したホテルを取り戻すのだ!
マップは面積的には小規模だけど階層が多い。戦闘は至近距離戦がほとんど。

反対側のビルに登って道路越しに戦闘になるホールドがあるが、AIはガラス板の向こうを視認できないのでわざわざビルから降りて射撃してくる。正々堂々とビル間での銃撃戦を楽しみたい場合は予め反対側のビルから見えるホテルのガラス窓を全て割っておこう。

Supermarket

(昼:音楽なし):https://h3vr.thunderstore.io/package/Marcel/TNH_Supermarket_Day/
(夜:音楽なし):https://h3vr.thunderstore.io/package/Marcel/TNH_Supermarket_Night/

(昼:音楽あり):https://h3vr.thunderstore.io/package/Marcel/Funky_Supermarket_Day/
(夜:音楽あり):https://h3vr.thunderstore.io/package/Marcel/Funky_Supermarket_Night/

アメリカ?のスーパーマーケット風の中~大規模マップ
壁も棚も辺が長いので見晴らしがよく、意外と近距離より中距離戦が多い。

夜戦バージョンもあり。真っ暗で赤い非常灯がかなり不気味。

TNH White House

https://h3vr.thunderstore.io/package/Noghiri_n_Marcel/TNH_White_House/

近距離戦-中規模マップ
ボクセルで表現されたホワイトハウス風のマップ。屋内メインだけど庭やバルコニーがあり屋外戦も楽しめる。
敵の侵入箇所が複数あるホールドが多く、また交戦距離が短いのに対してエンクリプションが結構上に出るので難易度はやや高めかも…?

Nuclear City

https://h3vr.thunderstore.io/package/noghiri/Nuclear_City_TnH/

小規模近距離戦マップ

ボクセル調の小規模マップ。CoDのNuke Townを基にしたマップ?
小さいので拠点間のマラソン時間が短く気軽に遊べる。交戦距離はかなり短くバニラの屋内マップと同じくらい。

tnh_gz_town

https://h3vr.thunderstore.io/package/JalexInteractive/tnh_gz_town/

高低差が上手く使われてて楽しい
一マップで近距離戦、屋上からの打ち下ろし、上に沸いた敵の処理、遠距離の狙撃と色々できる。
マップのテクスチャのただ貼り付けた感はあるけれど元ネタの雰囲気を再現してるのかも?(MOD配布ページによると韓国のFPS、Ganz : The Duelというゲームの再現らしい)

Rostok

https://h3vr.thunderstore.io/package/Nikpo/Rostok_TnH/

中規模マップ。
S.T.A.L.K.E.Rというゲームが元ネタのマップ。
放棄された工場のマップで、テクスチャがリアル系なので人気のなく不穏な雰囲気が良い。
戦闘は中距離戦が多め。

TNH_Modern_Mansion

https://h3vr.thunderstore.io/package/Marcel/TNH_Modern_Mansion/

リゾートの一軒家で戦う超小規模マップ
至近距離戦が楽しめる
撃つと割れるガラスがあって楽しい。

hearthglen

https://h3vr.thunderstore.io/package/CirnoPortsMaps/Hearthglen/

ファンタジー風な村のマップ。ここで銃をぶっ放すギャップが面白い。
屋内ホールドは至近距離戦、屋外ホールドは近中距離戦。
屋外ホールドはエンクリプションが高い位置に生成されて結構大変。

CairoStation

https://h3vr.thunderstore.io/package/CirnoPortsMaps/CairoStation/

宇宙ステーション的な場所での戦闘が楽しめる。SF好きにおすすめ。
開けた場所が多く遮蔽が少ないので撃たれないよう注意。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメント一覧 (2件)

  • ボイス変更に備考として下記の情報追加するといいかも。

    Take and holdのボイス変更MODやBGM変更MODは
    動作に必要なMODとして「Potatoes TNH BGM Loader」も追加されますが
    「Mason」を入れるとTake and holdのロビーに「ボイス音声とBGMを変更するパネル」が表示されます。
    ※うちの環境では「Potatoes-Potatoes_TNH_BGM_Loader」の他に「Mason」も入れないとボイス変更が動作しなかったのででご報告を。

    • ありがとうございます!
      確認してみたところこちらでも同じ現象が確認できました。他のMODの前提になっていることが多いので気付きませんでしたが音声変更にはMasonが必要ですね。
      記事の方に追記させていただきました。情報提供いただきありがとうございます。

コメントする

CAPTCHA


目次