3連休が暇なあなたに:おススメの過ごし方!

3連休が暇なあなたに:おススメの過ごし方!

今日は3連休の始まりですね!

3連休というと、あらかじめ何をするかどこに行くか決めていたり、家族や友人と遊ぶ予定がはいっていたりする方も多いかもしれませんが、今日は予定がない場合の話です。僕のおススメの3連休の過ごし方を共有させていただきます。

せっかくの3連休でも、予定がないと何もせずにあっという間に終わってしまうことがあり、少し悲しくなりますよね。

しかし、全く予定がないことはいいことでもあります。何せできることは何でもできちゃうんですからね。「できることは」というのは、当日からだとできないこととできることがあるからです。確認していきましょう。

できること、できないこと

できないこと

まず、できないことから。

  • 高速バス、飛行機での移動
  • 人数制限のあるイベントへの参加
  • 宿をとる

基本的に、人数に制限のある物事についてはどうしても先に予約してある必要があります。誰かがキャンセルしたときなど、例外はありますが、基本期待しない方が吉です。

できること

次に、できることにいってみましょう

  • 3日間でできることほぼ全部!

単純明快!あなたのやる気次第でなんでもできますよ!逆になんでもできるからこそ何をするか迷ってしまうかもしれませんね。

というわけで、僕がお勧めする3連休の過ごし方をどうぞ!

車中泊旅行

おススメ度 ★★★★★

難易度低さ ★★(車を持っているかどうか)

コスパ   ★★★★

あなたが車を持っているなら一番のおススメです。

車にのって、行きたい所へどこへでも行きましょう。観光地でも、アニメの聖地に行くのでも、有名な食事処へ行くのでもいいですね。何よりもいいのが宿代がタダということです。

もちろん、夏でも車の中は少し冷えますので、防寒具を「少し持ってきすぎかな?」と思う程度に持っていきましょう寝袋は必須です。

かかるお金はガソリン代、食事代、その他観光やお土産に使うお金です。

とてもおススメなので、自分が車を持っていなくても、親御さんや友人で、暇そうな人がいたらぜひ誘ってみましょう。

近場で旅行

おススメ度 ★★★

難易度低さ ★★★★

コスパ   ★★

近場とは言うものの、電車で行って帰って来られる範囲内であれば、案外どこにでも行けちゃいます。

近くに行ってみたかったけど行ってない場所があれば、自転車か電車でパパっと訪ねてみましょう。じっくり楽しみたい所に行くのなら、一人で行くのがお勧めです。気楽に自分のペースで過ごせるので、一度試してみてくださいね。

自然と触れ合う

おススメ度 ★★★★★

難易度低さ ★★(車を持っているかどうか)

コスパ   ★★★★★

これもとってもおすすめです。山を登りに行ったり、川や海に釣りに行ったり、予約不要のキャンプ地に行ったり…体力は少し使うかもしれませんが、リフレッシュでき、精神面にとてもいい効果を及ぼします。

とてもおススメできるのですが、難点は車がないといくらか行動が制限されることですかね。

しかし、車が使えない場合でも自然を満喫することは可能です。近くの川や公園でのんびりしてみましょう。ぼーっとすることでストレスを減らせますし、身近な草木にも森林と同じようなリラックス効果があります。

どうしても本格的に自然を味わいたい場合は、電車で行ける所を探したり、自転車で向かうのも良いですね。

家でのんびりする

おススメ度 ★★★

難易度低さ ★★★★★

コスパ   ★★★

定番ですね。家でのんびりすることで、体を休め、体力を回復させることができます。趣味にも没頭できますし、いいことだらけのように思えますね。

実際、3連休を家で過ごすことは良い方法なのですが、2つ気を付けてほしいことがあります

1分、一歩でもいいので外に出よう

できれば、ほんのわずかでもいいので外の空気を吸いに行きましょう。この理由は、ずばり健康になるからです。

まず、日光を浴びることで、「セロトニン」という脳内神経伝達物質が発生します。このセロトニンは気分や感情をコントロールし、精神を安定させる働きがあり、それにより憂鬱な気分を取り払うことができます。

体感的にも、何か外に出たら気が軽くなったということはあるのではないでしょうか?それが太陽の力です。

また、セロトニンはメラトニンという物質になり、夜の睡眠を促進し、生活リズムを整える効果があります。

ただしこのメラトニン、夜にスマホやゲーム機など、明るい画面を見ることで破壊されてしまうため、寝る2時間前には電子機器から離れましょう

目的意識を持とう

ただだらだら過ごすと、「あぁ、また休日が終わってしまった、自分は何をしていたんだろう…」といった感覚に襲われますよね。

これを防ぐには、目的意識をもって過ごすことです。何か一つ新しいことに挑戦する、宿題を2日目までにやりきる、本を一冊読み切るなど、なんでもいいので一つ目標を立てて生きてみましょう。連休が終わったときに、「先週末は○○をすることができた!」「有意義な週末だった!」と、前向きに次の週を迎えることができるはずです。

これをうまくやるコツは、ちょっと挑戦すればできそうなことを目標に持つことです。筋トレを5分やるなど、目標はやろうと思えばすぐできるようなことにするのが良いですね。

もちろん失敗してしまっても大丈夫です。まずは自分は挑戦しようと思うことができた!自分を認めてあげましょう。その上で、次回はもう少し簡単なことに挑戦すればいいのです。次がある!

クリエイティブな趣味に挑戦!

少し難易度は高まるかもしれませんが、僕がお勧めしたいのは、何か生産をする趣味に挑戦してみることです。自分もそうですが、家で過ごすのが好きな人は、誰かの与えてくれた作品を楽しむ(アニメ、ゲーム、音楽、動画 etc…)方が多いかと思います。

もちろんそれも良いのですが、作る側に回ってみるのも楽しいですね。それに、自分は創造的なことをしている!という自信にもなります。

心の準備ができたら、早速何かを作ってみましょう。小説を書いてみたり絵をかいてみたり動画を撮ってみたりブログで好きな作品を紹介するのもいいですね。

始めるだけでこんなにメリットが!

今の世の中、PCかスマホさえあれば、大抵の生産活動はできてしまいます。しかも無料でできることもなんて多いことか。
小説なら「小説家になろう」、作曲なら「domino」、ブログを書くなら「はてなブログ」などなど。「○○(やりたいクリエイティブ活動)無料 始め方」と検索すればザクザク出てきますね。

無理に1から始めなくても、誰かが用意した土台の上で活動するという手もありますね。例えばMinecraftで何かを作ってSNSに載せるとかでもいいですし、最近ではマリオメーカー2もお勧めできますね。

マリオメーカー2では、自分でマリオのコースを自由に作成でき、さらに作ったステージをゲーム内の機能で世界に発信し、遊んでもらうことができます気軽に作る側に回れて、簡単に自分の作品をシェアすることができるので、クリエイティブ入門としてとてもおススメです。

まとめ

いかがだったでしょうか。何か一つでも挑戦や普段しないこと、非日常的なことを取り入れることで、週末が終わったときに感じる充実度が格段に上がってきます。週末をよく過ごせれば、きっと次の一週間も頑張っていけるでしょう。

小さなことでもいいので、何か一つ、楽しく思える事をやってみましょう。

良い三連休を!!