低スぺPCでドン勝を食うための設定&戦略【PUBGLITE】

低スぺPCでドン勝を食うための設定&戦略【PUBGLITE】

PUBGの軽量化版、低スペックPCでも遊べる無料ゲームとして誕生したPUBGライト。皆さん遊んでいますでしょうか。(まだの方はコチラからダウンロード!)

低スぺでも遊べる、そうは言ってもPUBG。普通のノートパソコンだと重くて困るという方も多いのではないでしょうか。かくいう筆者は、必要スペックギリギリなPCで遊んでいます。

(SSDだけ余裕なのは外付けだから)

そんな感じで遊んでいるのですが、ちょうど今日。PUBGLITE歴2週間にして、ついにドン勝を食べられました!野良のスクワットですが、なかなかうれしかったです。

と言うわけで今回の記事は、スペックがギリギリのPCでもドン勝を食べる方法、と言った感じでやっていきます。

基本の設定

始めからこうなっているかもしれませんが、設定を少し下にスクロールして「全体的なグラフィックの品質」~「描画距離」を全て「非常に低い」にしましょう。これらの項目は雰囲気づくりの要素が大きく、下げてもゲームプレイにはほとんど影響を及ぼしません。アンチエイリアスなどはむしろ下げることで輪郭がギザギザになるためはっきり見えやすくなる利点すらあります。光源は有効のままで。無効にすると大昔のゲームのようになります。垂直同期ははじめ無効ですが、有効にすると画面が見やすくなります。

そして少し上に戻り、この「動的解像度」を無効にしましょう。

これは有効にするとFPSが維持されるようになるのですが、その反面画質が非常にぼやけた状態になります。オフにすれば画像がくっきりしますし、多少のブレは出るもののFPSが減ることはありません。

動的解像度有効
動的解像度無効

大した違いには見えないかもしれませんが、これが実際にプレイしてみるとかなりやりやすさが違います。FPSのブレも、25~35だったのが20~40になるくらいです。実際に遊んでみるとそんなに気になりません。

この「レンダリングスケール」は指定された解像度に対して実際に何パーセントの解像度で画面を出力するかを決めています。これは高い方が見やすいですが、負荷は高まります。できれば120、無理なら100、それでだめでも90以上にはしておきましょう。

解像度はおそらく最小の1260*720にしておくのがいいでしょう。また、その2つ下の「輝度」は明るさを表し、100にしておくことで索敵がしやすくなります。

これでかなり軽く、そして見やすくなったと思います。グラフィック設定一番上の「ディスプレイモード」は「フルスクリーン」が一番動作が安定すると言われているのでそれにしましょう。

ですが、この設定でもまだ重い方、そして一応動くけど動画を撮影や配信できるかが心配、そんなあなたのために裏ワザをご用意いたしました。こちらをどうぞ。

裏ワザ設定:重すぎて動かないand低スぺPCでPUBG動画を作りたいを解決

まず、画面をウィンドウモードにします。

そして、画面端にマウスカーソルを持っていって、こんな感じの伸ばす矢印を出します。

こんな感じのヤツ。縦でも横でも可

そして画面を内側に引っ張って小さくすると、かなり軽くなります。

録画中、平常時にはFPS20だったのが、縮小すると40にまで上がっています。この方法を使えば必要スペックギリギリでも録画ができますし、もしかしたら必要スペック以下のPCで遊ぶこともできるかもしれません。

このツイートをしたときは矢印をつかまないといけないと思っていたのですが、画面端にカーソルを持ってって内側に引っ張れば、普通のマウスカーソルに戻っていても大丈夫です。

レティクルを赤色にする

重さには関係ないですが、個人的にレティクル(画面中央の照準)を赤色にすると見やすいと思います。するには設定の「ゲームプレイ」から「クロスヘアカラー」を「カスタマイズ」にし、レッドを最大、グリーンとブルーをゼロにします。PUBGには赤い建物は少なく、緑の草地や茶色の建物で戦うことが多いので、赤が一番見やすいはずです。

感度を変える

設定の「コントロール」から、感度の調節をしておきましょう。これは個人差があるものなので、自分に合ったように調節しましょう。それぞれ(垂直感度倍率以外)数値が高い方が素早く向きを変えやすいですが、細かい動きが苦手になります。

マウスパッド

他の装備はともかく、マウスパッドだけは絶対に用意しましょう。動きの細かさが段違いになります。僕はこれまで机でマウスを動かしていたのですが、まさに世界が変わったようでした。数百円程度のマウスパッドを買うだけで、操作感が100倍良くなります。そもそも普通はマウスを買ってマウスパッドを買わない人はほとんどいないのかもしれませんが…もし筆者の他にもマウスパッドを買っていない人がいたら絶対に買った方がいいです。

戦略

筆者のおススメの戦法は、接近戦特化の戦い方です。ここまでの設定でかなり画面を見やすく、軽くしてはみたものの、やはり低スペックだと遠くの動きがカクカクになってしまいます。ですのでここはいっそ接近戦を専門にするのはどうでしょうか。

PUBGはとスナイパーライフルの二強な荒野行動と違い、サブマシンガンも中近距離でかなり戦力になります。ですので筆者がお勧めするのは、アサルトライフルとサブマシンガンの2丁持ちです。遠くはアサルトライフルで何とかするとして、近くの敵はサブマシンガンで蹴散らしてやりましょう。

また、高倍率のスコープを持っているのだとしたら、セオリー通りアサルトライフル&スナイパーライフルもいいでしょう。倍率の高いスコープで覗くと、遠くてもあまりカクカクしにくいです。目安は4倍以上でしょうか。

終わりに

以上が、低スペックPCでドン勝を食べるための戦略でした。いかがだったでしょうか。ガチでやるならともかく、ドン勝を食べるくらいならスペックがギリギリでもなんとかなります。自分の腕を磨いたり、仲間と協力したりすれば、ある程度は満足に遊べるでしょう。

まずは遊べるだけ遊んで、限界を感じてきたら新しいPCに乗り換えるのもいいかもしれませんね。

それでは、また別の記事で。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。