マイクラに現代家具を800種追加する神現代建築MOD[Modernxl]を紹介。【Minecraft1.16.5】

マイクラに現代家具を800種追加する神現代建築MOD[Modernxl]を紹介。【Minecraft1.16.5】

現代建築、やってますか?

どうもこんにちは、まっちゃんです。皆さんはマインクラフトでどのような建築が好きでしょうか。僕は現代建築が好きです。やはり実際に住むことをイメージしやすいので、作っていてワクワクしますよね。(あと豆腐建築しかできなくても割と何とかなr

今日紹介するModernxlはそんな現代建築をさらにパワーアップさせてくれるMODになります。

今回用意したものとして、このMODを使用して建てた家があります。見ればこのMODでどんな建築ができるのかがわかると思うのでまずは一通り見てみましょう。

家紹介

外観です。ガレージに見えるところは実はトイレです(笑)

玄関にはポストがあります。ちなみに外観のブロックも含め全てこのMODで追加されるブロックで作っています。

玄関の内側はこうなっています。ドアの隣の棚類は靴箱という設定です。

入って左側はリビングです。コーヒーテーブルやいす、ソファがあります。テレビを見たり本を読んで暇つぶしができます。

ガラス戸から外に出るとプールがあります。ビーチベンチもあります。

玄関から見てリビングの反対にはキッチンダイニングがあります。全体はこんな感じです。

キッチンにはごみ箱、冷蔵庫、オーブン、電子レンジがあります。

キッチンの反対側にはシンクや調理器具、皿があります。ちなみにこのシンクは独立したブロックではなく、ブロックの上に設置するアイテムです。これを置くことで好きなブロックをシンクの台として使うことができます。

ここは風呂です。バスタブやシャワールームといったアイテムも追加されます。もちろん石鹸のような小物も。一番左の見切れているのはシャワーです。

トイレです。トイレは下の方に、トイレットペーパーは上の方に設置されてしまうので配置がやや難しいです。

トイレに座った時の目線です。観葉植物を植えてあります。

トイレから出ると手洗い場があります。外の絶景を見ながら手を洗えます。タオルもあって衛生的ですね。

2回への階段は吹き抜けになっています。

2回は遊び部屋になっています。謎の像やクリーパーのぬいぐるみがあります。

このMODはなんとペット用のアイテムも追加されます。ペットフードの皿やペット用トイレがあります。

絵画や時計が追加されるのも地味にうれしいですね。

自室です。正直一番気合を入れました(笑)

なによりうれしいのはこのMODではゲーミングパソコンが追加されることです。パソコン本体と、モニタやキーマウや別のブロックとして扱われているので、操作部分は机の上において、デスクトップ本体は床に置くということもできます。

ランプ、ダンベル、絵画、ベッドがあります。床にはカーペットも敷いてあります。

自室にも小さなテレビを置いています。真ん中の小さいのはアロマキャンドルです。窓にはブラインドを付けてあり、まぶしかったら閉めることができます。(そういう設定で、実際には動きません…)

このMODの凄いところ

このMODでは建材が201種類、家具(建材以外をカウント)はなんと800種類も追加されます。現代建築に必要なものは一通りそろっているといっても過言ではないでしょう。インテリアの小物や照明ランプも非常にたくさんの種類が追加されます。

面白い建材

先ほども書いた通り、シンクは設置型のブロックです。なのでマイクラに存在する、またMODで追加されたどんなブロックでも水道にしてしまうことができます。建築の可能性は無限大ですね。

カーペットは不思議な仕組みになっています。置いた場所ではなく、置いた場所の位置ブロック上にカーペットが敷かれます。やや戸惑いますが、この仕組みのおかげでカーペットのすぐ真上の空間にも物を置くことができます。

ベッドも少し変わったシステムで、置いた場所を中心として2×3マスにベッドや布団が置かれます。それぞれ現れる場所が少しずれているので注意しましょう。

↓完成図

シャワールームやテーブルなど、他にも1アイテムで数マスを占有するブロックはいくつかあるのでまた試してみてください。

導入方法:Optifineを併用すること

Forge1.16.5を導入している前提で話すのでまだの方は↓の記事を読んでおいて下さい。

導入方法は簡単です。ModernxlとOptifineを.minecraftのmodsフォルダに突っ込むだけです。

.minecraftやmodsフォルダと言われてよくわからない方は下の記事で解説しているので読んでください。

Optifineを併用する理由ですが、Optifineを使用しないと下の画像のように多くのブロックが使用不可能になります。

↑Optifineを使用しなかった場合

配布場所

↓Modernxl(Optifineの併用を忘れずに!)

https://www.curseforge.com/minecraft/mc-mods/modernxl

↓Optifine

https://optifine.net/adloadx?f=OptiFine_1.16.5_HD_U_G7.jar&x=59c3

ちなみに、今回は1.16.5のmodとして紹介しましたが、1.14.4、1.15.2のバージョンにも対応しています。その場合はMOD本体、Optifineともにそのバージョンのものを使用して下さい。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。