マインクラフトBE・リアル3Dな高性能銃アドオンを紹介(紹介はWindows10版)

マインクラフトBE・リアル3Dな高性能銃アドオンを紹介(紹介はWindows10版)

マインクラフト統合版とは思えないほどの、MOD以上なクオリティの銃を追加するアドオンを見つけたので紹介します。導入にはそれなりのスペックのPCまたはスマホが必要ですが、ゲーム機でもワールドに参加可能です。(今回の説明はWindows10版のみ)

動画版が良い方はコチラからどうぞ。

スゴイ点

フル3D・アニメーション

全ての銃や、銃弾やマガジンまでもが3Dモデルで作成されています。さらに発砲やリロードなどすべての動作にアニメーションが付けられており、三人称視点やPVPの没入感を高めてくれます。

通信対戦可能!

マルチプレイに対応しており、PVPをして遊ぶことができます。PVP専用のマップも紹介するので、ぜひ遊んでみてください。

ゲーム機(switch、PS4、Xbox)やスマホでも参加可能!

全員が導入する必要のあるPC版のMODと違い、ホストとなる主催者がマップに導入していれば、他の人はバニラで入ることができます。

このおかげで、普通ではアドオンを入れられないSwitch等のゲーム機でもマルチプレイに参加することができます。(おそらくPS4、Xboxも可能だが未検証)

ファイル機能があれば導入可能なので、iphoneやandroidでも導入は可能だと思われます(今回は未解説)。ですが後述の通り重いので、導入者にはそれなりのマシンスペックが要求されます。

弱点:重い

とても高性能な代わりに動作がとても重いです。僕のメインデスクトップPCでは軽々動きますが、ノートPCでは一人で遊ぶには問題ないけれど複数人でプレイすると大分ラグが出るような感じです。

しかし、導入者のマシンスペックが高ければ参加者がswitchやスマホでも割と快適に動けるので、誰か一人、高性能なWindows10パソコン又はスマホを持っている人がいれば対戦を試してみるのもお勧めです。


操作方法

ブロックを押す行動で射撃を行います。windows10版なら右クリックですね。スマホ版では画面の長押しになります。switch版のデフォルト設定ではZLです。

しゃがむことで覗き込みを行うことができます。スナイパーライフルならそうすることで画面にズームがかかります。

リロードをする際はマガジン、弾を持って同様にブロックを押す行動をとります。

弾を撃ち切らないとリロードできないので注意して下さい。

また、銃もマガジンもスタックは不可能です。インベントリの空きに気を付けましょう。

銃、弾の出し方 ・コマンド集

クリエイティブモードのインベントリから銃を取り出すことができます。この方法が一番手軽で便利です。

コマンドを使って銃やマガジンを入手することも可能です。

windows10版なら、こちらでコピーをすればマイクラのほうでペーストすることができます。チャット欄を開き、入力枠を選択してからCtrl+Vです。

(とはいえコマンドは順に入力していけば候補が上に表示されるので、自分で撃つのがおススメです。)

銃や弾をコマンドで一括で出すことも可能です。

/function getguns  銃を全種類入手
/function getammo 弾を全種類入手(ひとつずつ)

銃紹介・入手用コマンド

一つ目が銃本体を入手するコマンド、二つ目がマガジンや弾を入手するコマンドです。ショットガンのみ後ろに着けるのがmagではなくammoなのでご注意ください。また、コマンドの後ろにスペースを入れて数字を入れると、一度に複数召喚することが可能です。

ピストル

ピストル:taurus

/give @p pistol:taurus

/give @p pistlol:taurus_mag

基本的なピストルです。弾数、ダメージともに控えめですが、見た目以上に射程が長いです。

ショットガン

ショットガン:m3

/give @p shotgun:m3

/give @p shotgun:m3_ammo

近距離戦の得意なショットガンです。全弾撃ちきらないとリロードできず、一発ずつリロードする仕様上他の武器より扱いが難しいかもしれません。二丁もって持ち替える方がよいかもしれませんね。

サブマシンガン

サブマシンガン:p90

/give @p smg:p90

/give @p smg:p90_mag

連射力が極めて高いサブマシンガンです。弾の消費がかなり速いですが、中近距離の戦いに非常に強い武器です。

アサルトライフル

アサルトライフル:akm

/give @p ar:akm

/give @p ar:akm_mag

アサルトライフル:mk18

/give @p ar:mk18

/give @p ar:mk18_mag

アサルトライフルは二丁あります。性能差についてはそんなになさそうですが、akmはリロードが早いのがメリットで、mk18はサイトがついているのがメリットに感じました。

スナイパーライフル

スナイパー:awp

/give @p sniper:awp

/give @p sniper:awp_mag

スナイパー:barrett

/give @p sniper:barrett

/give @p sniper:barrett_mag

スナイパーライフルも二種類存在しています。スナイパーライフルは一発ずつしか撃てませんが、スコープを覗くとズームがかかり遠距離でも狙いやすいです。

ウィザーで試し打ちしたのですが、ダメージなどの差はなさそうです。ただしawpは撃つたびにコッキングのアニメーションが入ります。

ライトマシンガン

ライトマシンガン:m249

/give @p lmg:m249

/give @p lmg:m249_mag

ライトマシンガンは弾がなんと100発も入っています。リロードは長いですが、制圧力に優れます。

グレネード

チェイングレネード

/give @p throwable:chaingrenade

投げて数秒後に爆発する手りゅう弾です。壁や地面を大きくえぐっていくので普通のワールドで使用する際は注意してください。

コマンドについて

弾は消耗品なので、自作マップでPVPなどをして遊ぶ場合は、コマンドブロックにコマンドをセットしておくと良いでしょう。

@pを@aにすれば全プレイヤーに、プレイヤー名にすればそのプレイヤーに渡すことが可能です。

一つ注意点があり、/functionコマンドはコマンドブロックでは行えません。複数の銃を与えたい場合はコマンドブロックを複数接続しましょう。

導入(windows10版)

ダウンロード

公式配布サイトにアクセスします。(青文字リンクから移動)

一番下の方

下の方に「Download」というボタンがあるので押します。

利用規約が出るので「Agree and Download」を押します。

「Actual_Guns_3D.mcaddon」というファイルがダウンロードされるので、エクスプローラー(黄色いファイルのやつ)でダブルクリック。

新規ワールドに導入

すると、ワールド生成の時に「ビヘイビアーパック」という項目で、このアドオンを有効かできるようになります。

左側の枠を少し下に下げると出てくる
ビヘイビアーパックを有効化するとリソースパック(見た目に影響)も自動で有効化される。

ワールドを生成する前に、下記の4項目をオンにしておくことを忘れないでください。

既存のワールドに導入

既存のワールドにアドオンを追加することも可能です。その場合まずワールド名の右の鉛筆マークをクリックします。

次に設定の下の方の「ホリデークリエイターの特徴」をオンにします。この時点でワールド名の前に「EX」と付け足されたコピーワールドが生成されます。

コピーワールドの鉛筆マークを選択し、残りの3項目をオンにし、ビヘイビアーパックを指定してやればOKです。

ワールド生成時に右上にこのようなマークが出ていれば導入成功です。

クリエイティブモードのインベントリやコマンドで銃が呼び出せるようになっているはずです。

おまけ:PVP用マップ

このアドオンのPVP専用に作られたマップが存在します。こちらからダウンロードが可能です。

アドオン以上に重たいですが、かなり高度に作られているのでとてもおススメです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。