学生団体でやって分かった動画編集で稼ぐのに向いてない人向いてる人

NO IMAGE

こんにちは、まっちゃんです。先日、とある学生団体にて、Youtubeで番組をつくるという企画に参加させていただきました。結論から言うとそれなり辛かったです。ですがかなり多くのことを学ぶことができたので、最終的には満足しています。

動画編集とプログラミングが、近年副業として流行っていますよね。稼げる副業としてよく言われる動画編集ですが、個人的には向き不向きが大きいと思います。

この記事を読むことで、あなたが動画編集で稼ぐのに向いているか向いているかどうか分かるかもしれません。とはいえ非営利の団体で活動して思ったことなので、参考程度に。


自己顕示欲の低い人

ココナラなどで調べるとわかりますが、個人で動画編集で稼ごうとする場合、YouTuber等の別の個人の下について動画編集をすることになります。誰かの下について動画編集をするということは、あなたは裏方です。企画の規模が大きくなれば、番組に実際に出る人やプロジェクトリーダーが偉い人にちやほやされたり、マスコミに出ることがあるかもしれませんが、よっぽど特異で優秀な編集でもしない限り、あなたが表舞台に出ることはありません。

どの業界でも目立つのはトップと一部の人だけだとは思いますが、動画編集においても自己顕示欲が低く、目立たなくてもOKと思える人におすすめです。

もし目立ちたい場合は、自分でYouTubeをやることをお勧めします。頑張ればその分高評価が付きますし、運が良ければコメントがもらえることもあるでしょう。

動画編集は(好きでなければ)非常に大変なので、下請け動画編集だと苦労の割に認められないと感じられる事も多いと思いますが、それに耐える心の強さが必要です。自分は大したことをしていないという謙虚さを身につけることでもこれは対処できるかもしれませんね。

動画編集が好きな人

大前提ですが、動画編集が好きなことが大事です。

個人的に動画編集がむいていると思うのは、コツコツ作業をするのが好きな人です。

動画編集というといかにもテクノロジーでパソコンの知識が要るという感じがしますが(もちろんそういう部分もありますが)、基本的にはテロップ入れやカットなど、地道で誰でもできる作業の方が多いです。(動画の内容にもよります)

自分はその企画に参加することで、実は自分は動画編集そのものが好きなのではなく、動画編集を通して好き放題創作する事が好きなのだとわかりました。これは次のトピックにも関連します…

プライドが低く、コミュニケーションを積極的に取れる人

ある程度自分で考えて動画編集ができる人だと、依頼された動画の編集をしている時に「あれ、ここってこうした方が面白いんじゃね?」と思うこともあるかもしれません。

依頼主とあなたの感性が似ていれば良いですが、そうでない場合やり直しになるでしょう。

当たり前と言えば当たり前ですが、変に独自色をつけず、依頼通りに編集する必要があります。

また、自由に作って欲しいと言われた場合でもまだ要注意です。

いざ全体を作ってみて、提出してみたらほとんど作り直すように言われることもあります。

積極的に質問をしよう!

もしこっちがYouTube風の動画を作ろうとしてても、相手がニコニコ風の動画を望んでいた場合は話がとんちんかんになってしまいます。

この問題の解決策ですが、とにかく沢山質問をすることです。

文字のサイズフォントから、動画の雰囲気まで。聞けることは聞けるだけ質問しましょう。

また、サンプルを作ってみるのもおすすめです。動画を一通り作ってから修正をお願いされると非常に大変なので、一枚のスクリーンショットや、数十秒の動画を作り、それをサンプルとして提出してみましょう。

僕は参加していた企画で2つの動画を担当していたのですが、片方はあまりに趣向が違い、結局依頼主本人が作ることになってしまいました。ですがその失敗を活かし、もう片方の動画に関してはできるだけ質問をし、適宜サンプルを提出してこれでいいかと聞くことにより、依頼主の想像通りのものを作ることができました。

質問やサンプル提示は、相手の返答を待たなければいけない分時間が取られますが、全体を作って全部作り直しになるより何十倍もマシです。

大見出しにはコミュニケーションと書きましたが、別に上手く話をする必要はありません。とにかくなるべく等しい共通認識を作るため、出来る限り質問をすることです。確かにコミュニケーション力が高い方が最低限の質問で共通の認識を作れるかもしれませんが、そうでなくても大丈夫です。こまめに報告・連絡・相談を心がければ、きっと同じ完成像を思い浮かべられるでしょう。

おわりに

動画編集で稼ぐのに向いてる人の特徴

  • 自己顕示欲が低い
  • 動画編集作業そのものが好き
  • ちゃんと質問できる

以上です!

おまけ : 自分の活動を振り返って

今回それなりに辛かったのは、非営利の団体でやっていたと言うのも大きかったかなと思います。報酬ナシで誰かの下で動画編集する場合、コツコツ編集する事そのものが好きな人でないと、「すんごく大変に頑張ったのに全然報われなくて辛い!」となってしまうかもしれません。(編集作業以外の事も色々やっていたのもあるかもしれませんが…)

自分は参加していた当時は割と辛さの方が大きかったのですが、大勢で何か一つのものを作るのに喜びを感じるタイプの人だと何か違うのかもしれませんね…

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。