PCに集中しすぎて自律神経を乱す人ほどVRゲームをやるべし、という話

PCに集中しすぎて自律神経を乱す人ほどVRゲームをやるべし、という話

こんにちは、最近VRゲームに熱中しているまっちゃんです。久々の”ブログっぽい”ブログです。(それを日記という。)

↑MetaQuest2(OculusQuest2)で遊んでます。とても楽しいです。

本題

土日などの休みは、せっかくなら好きなことをして過ごしていたいですよね。自分は休みはよく一日中ずーっとパソコンの画面に集中することがあるのですが、そうしていると(おそらく交感神経が高まりすぎて)呼吸が浅くなり胸が苦しくなります。

普通にパソコンをいじるのをやめればよいのですが、折角なら遊べるだけ遊びたいと思ってしまいますよね。

そんな時に役に立つのがVRゲームです。前にも書いたように自分はOculusQuest2(MetaQuest2)で遊んでいます。

何が良いかというとVRゲームは基本的に体を動かさないと遊べないので、軽い運動をしたのと同じようなスッキリ感を味わうことができることです。また、画面の一か所を凝視し続けるPCゲームと違って自分の目と首を使って360度を見る必要があるので、首や肩の凝りはもちろん取れ、さらに無意識に動かしているのか意外と目のこりも取れてしまいます。

ゲームをしつつPCに集中しすぎて疲れた体をリフレッシュできて一石二鳥というわけです。

最近ハマってるやつ

PavlovVR(Shack Beta)

銃対銃で戦う、いわゆるFPS(一人称シューティングゲーム。主に銃を使って戦うゲームの事)です。舞台は現代戦で、オンラインで世界中のプレイヤーと対戦できます。

銃撃戦だとそんなに体を動かさなさそうだと思うかもしれませんが、銃の構えを維持するのに意外と腕の筋肉を使いますし、周囲を見渡したり、壁から少しだけ顔をのぞかせたりと意外と実際に体を動かす場面が多いので結構運動になります。

(以下MetaQuest2を持ってる人にしか伝わらない文章)

上に張ったのはPC版ですが、現在BetaのQuest版をSideQuestを使って遊んでいます。このゲームに限らずPC版とQuest版がある場合画質にこだわる人はPC版を選ぶ方が多いみたいですが、PCスペックがそれほど高くないのとQuest版の方がコードを介さない分安定して動くのでQuest版を遊んでいます。現在Betaだからか無料で遊べますが、かなりハマっているので正式版が出たらそのまま買うつもりです。

「SideQuest 使い方」で検索すると遊びの幅が広がってとてもおすすめです。

Gun Raiders

これもスタンドアロン型で遊べるVRゲームです。(多分Quest専用)

さっきのゲームと同じくFPSですが、雰囲気がカジュアルで血なまぐさくないです。ただ銃で撃ち合いするだけでなく、ジェットパックで空を飛んだり壁や天井を手でつかんで移動できたりと3次元空間を自由に動き回れるのも楽しい点です。

https://www.oculus.com/experiences/quest/3982869578392875/?locale=ja_JP

Blade and Socery

中世の武器で剣闘士になりきってBOTとチャンバラできるゲームです。非常にグロイので万人にはおすすめできませんがハマる人はハマると思います。Mordhauのように剣で戦うリアルなゲームが好きな人にはぜひおすすめです。

実際に腕を振って剣や斧、槍などを動かすのでいい運動になります。

Beat Saver

上記3つほどハマってるわけじゃないけど初対面の人にVRゲーム何がお勧め?って聞かれたらこれで答えると思います(笑)

実は運動量が一番スゴイです。ライトセーバーでタイミングを合わせてブロックを切っていく音ゲーなのですが、数曲やるだけでものすごく汗まみれになります。

音のブロックが連続して飛んでくるというのもありますが、しゃがんだり左右に体を動かしたりして障害物を避ける場面が多いので全身運動となり非常に体力を使います。

上記のゲームと違って平和なので戦いたくない時に重宝してます。

結論

パソコンに熱中しすぎてしまう人はVRゲームを遊ぶといい感じに目と体を動かせてリフレッシュできるのでぜひおすすめです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。