クラフトピアは神ゲー!でも完璧主義者は買っちゃダメ

クラフトピアは神ゲー!でも完璧主義者は買っちゃダメ

こんにちは、まっちゃんです。あなたは今はやりのPCゲーム、「クラフトピア」をご存じですか?クラフトピアは従来のありとあらゆるゲームの要素を含んだ「オープンワールドクラフトサバイバルアクションゲーム」です。

クラフトピアとは?

クラフトピアは2020年9月4日にSteamでアーリーアクセス(開発途中で販売を開始すること)が始まった、「ポケットペア」という会社の作ったインディーゲーム(個人や小規模の会社が作ったゲーム)です。

文字で説明するのが難しいのですが、このゲームでは、「3D世界でキャラクターを動かすタイプのゲームでできること」が大体できます

マインクラフトのように建築をすることもできますし、グラセフのように乗り物を乗り回すこともできます。牧場物語のように農業料理釣りもできますし、モンハンやゼルダのように剣で敵と戦ったり魔法をぶっ放すこともできます。

画像はYoutubeに動画を投稿した時のサムネイル。武器を手に、島やダンジョンを冒険することもできるが、採集や農耕に精を出すこともできる。
レベル1の島に立ててある筆者のメイン拠点
左から農場、作業場、発電場

やれることがどんどん増えていく

このゲームは、あらゆる要素において、やれることがどんどん増えて行きます

例えば農作業だったら作れるタネを増やすと栽培の幅が広がったり、クラフトなら「時代」というものを進めることで作れるアイテムが増えて新しい金属を使えるようになったり…

ですがこのゲームは、その行きつく先の限界にたどり着くまでに途方もない時間がかかります。例えば今日は農作物の種を全部使えるようにしたのですが、そうするには収穫した作物を使ってガチャのようなものを引き、上ランクの作物の種を引き当てる作業をしなければなりません。最上位の作物、桃を作れる段階にたどり着くのに約半日かかりました。

品種改良をすることで、野菜から上ランクの別の野菜の種を作り出せる。現段階より上ランクの種は出現率が低く、最高ランクのモモの種はなんと0.5%の確率でしか現れない。

「時代」を進めるにしても、プラチナインゴットを使えるようになるくらいまではノンストップで進められてしまうのですが、やろうとすると時間がフッっと消えていきます。

セールなしで2570円なのですが、ボリュームは1万円分以上するかもしれません。(しかも開発中なのでボリュームはこれからどんどん増えていきます。

さて、ここからが困ったことなのですが、このゲームは「やめ時」がありません。なぜならやれることが無限にあるからです。

このゲームではアイテムのクラフトや売却、農作物の栽培などの作業は設置したオブジェクトで行います。作業を指定すると時間がたつにつれて作業が進行していくのですが、非常にリアルタイムで進んでいくので心理的にとてもせかされます。

画面上の緑のわっかは、現在の作業状況を表している。メールやラインの未読通知が残るのが気になってしまうタイプの人は、全てのわっかが消えないと落ち着かないであろう。

しかし、無意識に別の作業を開始してしまうので永遠に落ち着くことはない・・・

農作業をしてたら料理が終わっていて、「ああ、次の料理を進めないともったいない!」となったり、作業台でクラフトをしていたら鋼鉄インゴットが足りなくなり「ああ、鉄鉱石を取りにいかないと…それからそれをかまどで焼いて…もう一回やいて鋼鉄インゴットをつくらないと…」となったりします。

言葉で説明するのが非常に難しいのですが、「始めたらやりきらないと気が済まない」タイプの人がこのゲームをやると、遊んでいると逐次やらなきゃいけないことが現われてくるので永遠にやめることができません。

冒険するにしても、ここ探索したら終わりにしよう…と思っていても、周りを見渡すと別の面白そうな場所が有ったりして、なかなか終わるのが大変です。

作業を終えると、やらなきゃいけない訳じゃないけれどできそうなことが思いついたりするのもありますね。

心の余裕と自制心が大事

このゲームを遊ぶときは、心にゆとりを持たせましょう。最善効率でやろうとするのではなく、のんびりまったりほどほどに作業をするようにした方が、より気楽に楽しめると思います。真面目になりすぎないということです。

また、やめると決めたらやめる強い意志を持つことも大切です。ほかのゲームと比べ物にならないくらい中毒性があるので、タイマーをかけておくとよいでしょう。遊ぶ前にいつ止めるかを決めておかないと、かなり時間泥棒されてしまいます。

「○○の作業が終わったら」と言う感じで決める場合は、それこそ意思がいります。きっとその作業が終わると次のやらなきゃいけないことややりたいこと、できることが見つかります。ですがそれをぐっとこらえて終わった段階でやめる必要があります。

ひどくも書いたが、買って二日で20時間以上遊ぶくらいには面白い。

とはいえ、色々決めて遊ぶのもつかれるので、遊ぶときはがっつり遊ぶと決めて、時間をたっぷり用意して遊ぶとよいでしょう。このゲームは本当に面白いので、どっぷりとゲームの世界に没頭する遊び方が良いのかもしれません。

おわりに

いかがだったでしょうか(笑)。 というわけでサムネイル画像の○○○○の答えは「時間泥棒」でした!
多分タイトルを見たときには「『アーリーアクセスだからバグが起きても怒るな』とかそういう事だろうな~」とお思いになったかと思いますが、どちらかというとゲーム性の話でした(笑)。タイトルも完璧主義者というよりかは、「自制心のない完璧主義者は」ですね(笑)。(笑)多いですね(笑)。

行動と行動の区切りが薄く、すぐに次の行動に映れるからこそ、ハマってしまうし、延々と遊んでしまうわけですね。時間がたっぷりある方には本当にお勧めです。市販のゲームの半額くらいで買えてしまうので、お金と時間に余裕のある方はぜひお試しください。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。