1分でPC版マイクラMOD入りサーバーが無料で立てられる「Aternos」の使い方を世界一丁寧に解説【2021/09更新】

1分でPC版マイクラMOD入りサーバーが無料で立てられる「Aternos」の使い方を世界一丁寧に解説【2021/09更新】

【2021/09/13:情報が新しくなっていたので画像を中心に大幅更新しました。】

こんにちは、まっちゃんです。今日は無料で簡単にマイクラのサーバーを立てる方法をご紹介しようと思います。

PC版(JAVA版)のマインクラフトを友達だけで一緒に遊ぶとしたら、サーバーを立てたいですよね。でもそのためにはネットの知識や戸建ての回線が必要だったりして大変だと思います。

公式のRealmsはMOD非対応だし、有料のレンタルサーバーを借りるとするとおこづかいがなくなっちゃう…

そんなあなたにお勧めなのが無料のレンタルサーバー、Aternosです。

こんな人にお勧め!

  • とりあえずサーバーを立ててみたい!
  • 無料でサーバーを立てたい!
  • MOD入りのPC版マイクラを友達と遊びたい!
  • 少しのラグは我慢できる!
  • 自分の遊びたいMODが遊べなくても我慢できる!
  • マンション、アパートでサーバーを立てたい!

本当に1分で立てられちゃうので、きっとびっくりすると思いますよ!

BE版のサーバーが建てたい方はコチラからどうぞ。

本格的に遊ぶならこっち!有料サーバーを無料体験。

【超簡単!】Aternosでサーバーの立て方!

それでは早速サーバーを立ててみましょう!
まずはこのリンクをクリックします。

https://aternos.org/ja/

するとこのようなページに飛ぶので、右下の「プレイ」をクリック!

アカウント作成

「アカウント作成」を選択して…

アカウント名決定

あとはユーザー名を自分で決め…

パスワード作成

パスワードを決めてアカウント作成を押し…(メールアドレスは入力しなくてOK)

「サーバーを作成」を押して…

遊ぶMinecraftのバージョンを選んで作成を押せば…!

注意!
注1:サーバーアドレスは普通ユーザー名と同じになるが、右の鉛筆を押して変えることもできるぞ! 注2:ユーザーネームは半角アルファベットと数字で入れよう!(変えるなら鯖名も)

大体こんな感じの画面が出てきたと思います!これであなた専用のサーバーが立てられました。

おめでとう!これであなたは立派なサーバー管理人だ!

ね、簡単でしょう?

あとは緑の起動ボタンを押し、画面中央のサーバーアドレスを使えば、普通のマルチサーバーで遊ぶ時と同じように遊べます!(バージョンに注意!)

サーバーのカスタマイズ【バージョン変更、MOD・プラグイン、OP権限、etc…】

そうはいっても、今の状態では勝手にワールドが作られています。恐らくバニラの最新バージョンのサバイバルで、誰にもOP権限がない(クリエイティブにできない)状態で遊ぶことになるでしょう。

せっかくの自分のサーバーなんだから、自分好みに設定をいじりたいですよね!と言うわけで早速サーバーをカスタマイズしていきましょう!

何も決めなくていいや!とりあえず友達と遊べればいい!って場合はコチラ

バージョンを決めよう

まずは、遊ぶバージョンを決めましょう。画面左側のメニューから、歯車マークの「ソフトウェア」をクリックしてください

ソフトウェア選択

すると、こんな感じの画面が出てきます。いまからワールドのバージョンを決めるのですが、細かく言うと、この9つのどれを選ぶかで選択可能なバージョンと入れられるMOD、プラグインが変わってきます。

それぞれのパネルをクリックすると、このようにそのソフトウェアで選択できるバージョンが確認できます。例えばバニラは、大体のバージョンに対応していますね。

ソフトウェアの選び方

それでは、9つのソフトウェアの選び方を見ていきます。選び方としては、

・シンプルなマイクラ/最新バージョンで遊びたい!
→Vanilla(左上)

・MODを入れて遊びたい!
→Forge(右上)、Fabric(右中段) (入れたいMODによって決める)

・プラグインを入れたい!
→Spigot/Bukkit(真ん中)

と言った感じでしょう。


そのほかのソフトウェアについて
BEのサーバーを立てたい場合はBedrock(MOD)ですね。  MODpackで遊びたい場合は下段中央のModpacksを選べば、用意されているものの中から遊ぶことができます。  上段中央のSnapshotを選べば、まだ正式にアップデートされていない最新版を遊ぶことも可能です。  Paper/BukkitとGlowstoneはプラグインを入れるために使えますが、対応バージョンが少ないので、使いたいプラグインにそれが必要だった時に使うといいでしょう。


結局どれがいいの?
いろいろあって紛らわしいですが、PC版で少人数で遊ぶならForgeVanillaがお勧めです。MODを入れるなら前者、新しいバージョンで遊ぶなら後者がいいでしょう。

【2019/10/22追記】ちょっと待った!たとえ少人数でも、プラグインも視野に入れてみてくれ!
プラグインは超便利で、導入もとっても簡単だ!入れるだけでマイクラはバニラのまま遊べるぞ!気になった人はこっちもチェックだ!


画像は2020年秋のもの。現在はもっと対応バージョンあり。

今回は例として、使えるMODが多くてそこそこ新しい、Forgeの1.12.2を選んだとしましょう。 Forgeのバージョンを選んだら、インストール(再インストール)を押します。

※同じバージョンのものが複数あるときは、カッコ内の数字が大きい方が新しくて動作が安定しています。

バージョンを選んだところで、次はMOD・プラグイン導入に移ります。

バニラ、MODを入れない方はコチラ!

MOD・プラグインの導入

令和元年現在、2025個のMODと、2770個のプラグインがある。有名どころの物はかなりある印象だ。

Vanilla、Bedrock以外のソフトウェアを選べば、画面左側のメニューにMODやプラグインを入れるためのページに行けるボタンが現れます。このページで、使いたいMODやプラグインを選んでいくことになります。

「gun」での検索結果。残念ながらゲリラMODやFlan’sMODは見つからなかったが、よさそうな銃MODがいくつかヒットしている

画面右上に検索窓が付いているので、遊びたいMODを検索してみましょう。MOD名がわかるならそれを入れたり、遊びたいMODに関連する英単語(例えば銃MODを入れたいなら「gun」など)を入れて面白そうなMODを探します。

バージョンが対応していない場合。別のMODにするか、リンクやMOD名から対応バージョンを調べてワールドのバージョンを変えよう。



遊びたいMODがない場合
Aternosで遊ぶ場合、MODやプラグインは自分で入れるのではなく、サイトに用意されている物から選ぶ形になります。自分が使いたいMODが用意されていない場合、運営に頼めば入れてもらえることがあるそうですが、英語でのやりとりになる上、反映に時間がかかると思われます。無料で使わせてもらっているので割り切りましょう。

今回は、「黄昏の森」MODを入れてみましょう。黄昏の森の英語名は、「The Twilight Forest」なので、絞り込みができそうな「Twilight」で検索します。

遊びたいMODのページが開けたら次はバージョンを選びます。基本的には一番上のものを選んで大丈夫です。右の青い下矢印をクリックして、しばらく歯車マークに変化したあと、チェックマークになったら完了です。

同じようにして、自分の入れたいMODを入れていってください。

※よく、MOD同士が競合してワールドがクラッシュすることがあります。選んだMODの組み合わせが大丈夫かどうか、シングルプレイで試しておくことをお勧めします。

そうしたら、次はMODがちゃんと入ったかを確認しましょう。


左のメニューから「ファイル」を選んで…

modsファイルを開きましょう。ここで入れたMODを確認できます。入れたMODがちゃんと入っているか確認しましょう。


同じMODを複数DLしてしまった場合
同じバージョンのMODはダブらないので大丈夫ですが、もし同じMOD違うバージョンの物をインストールしてしまった場合は、ここに2つ同じ名前の物があると思いますので、よく見て数字の小さい方のゴミ箱マークを押しましょう。

これでMODの導入は完了です!MODのコンフィグについてはワールドに一旦入った後でできるようになります。

OP権限を設定しよう!

せっかくサーバー管理人になったんですから、OP権限をゲットしたいですよね!

え、いらない?じゃあ飛ばそう。

OP権限とは、サーバーの管理者のための権限で、これを持っているとサバイバルのサーバーでもチートコマンドが使えたり、悪い人をBAN(サーバーから追放)したりなどができるようになります。それではさっそくやっていきましょう。

接続済みプレイヤー

メニューから「接続済みプレイヤー」を選び、左から2番目の「権限者」をクリックします。

自分のマイクラのユーザー名を入れましょう

自分のクラフターの顔と名前が登録できればOKです。

サーバーの設定をしよう

メニューの「設定」を選べば、細かな設定ができます。ここで、ゲームモードや難易度を設定しましょう。

他に便利なものとしては、

ホワイトリスト:これをオンにすると招待制にできる。招待するには「接続プレイヤー」→「ホワイトリスト」→招待する人のマイクラユーザーネーム入力

PVP:これをオフにすれば、プレイヤー同士の攻撃が通らなくなる。デフォルトではオン。

白い丸:見えにくいが内側に鉛筆マークがある。クリックで.aternos.me以前のサーバーアドレスや説明文を変更できる。

などがあります。これらを使うのもいいかもしれません。

ちなみに、関係あるかはわかりませんが、その方が軽くなるかもしれないので、僕はサーバー参加人数を少なめに設定しています。

スキンを反映させる設定

あたらしいスキン反映方法

スキンを反映させるには、「チートを許可」(旧:「不正を許可」)をオフにする必要があります。赤いバツが見えればOKです。この項目はチートコマンド等とは関係なく、これをオフにしても問題なくコマンドは使えます。

この項目をオフにしたら自分や友達がログイン出来なくなった方、そしてこの項目が何を意味しているのか、なぜオフにしてもチートが使えるのかが気になる方は、こちらのページから謎を解き明かしましょう。

MODを自分のPCの方に入れよう

MODを入れずに遊ぶ人はコチラ!(2回もワープさせてごめんね!)

MODサーバーで遊ぶ時には、サーバーだけでなく、自分のPCのマイクラにもForgeとMODを導入してやる必要があります自分がサーバーに入れたのと同じMODの、同じバージョンをPCに入れましょう。一緒に遊ぶ人も同様です。MOD名とバージョンを伝えておきましょう。

Forgeを導入する方法についてはコチラをクリック!!

Forgeが導入できれば、あとはmodsフォルダにMODをそのまま放り込むだけです。

普通の場合、フォージは安定版を進めていますが、僕は最新版をお勧めします。理由はたまに安定版より新しいバージョンを要求されることがあるからです(ちょうど今回の例、黄昏の森1.12.2がそうでしたorz)

 

サーバーであそぼう!

もうすぐサーバーで遊べますよ!あともう少しです!

ログイン直前まで進める

まずはログイン直前まで進めます。これは普段他人のマイクラサーバーにログインする時と全く同じです。

Minecraft Launcherで、サーバーと同じバージョンのマインクラフトを起動し…
(Forgeと普通のの間違いに注意!)

マルチプレイを選んで…

サーバーを追加!

サーバー名は自分でわかるように適当に入れてください。通信相手が別の名前を入れていても大丈夫です。

大事なのがこのサーバーアドレスです。○○〇(自分のアドレス).aternos.meと、サイトでゲットしたアドレスの通りに入力しましょう。

アドレスは一緒に遊ぶ人にも伝えて、同じように入力してもらいましょう。

「完了」を押しても、まだサーバーにつなぐことはできません。最後に、サーバーを起動する作業があります。
もうあとちょっとです!がんばりましょう!

サーバーを起動しよう

それでは、ついにサーバーを起動します。

メニューから「サーバー」を選び、電源マークの「起動」を押しましょう。

EULAに同意し、通知を許可します。(通知の許可は初回のみ)

すると、赤色でオフラインとなっているところが、灰色の起動中になります

サーバーが込み合っている場合は、オレンジで「起動する順番を待っています」と書かれ、待ち時間があります。その場合、自分の番が近づくと通知が来るので、すぐに対応してください。一分以内に「サーバーを起動する」を選択しないと、サーバーが立ち上がりません。

起動には数分かかりますが、辛抱強く待ちましょう。

そのまましばらく待ち、青緑で、オンラインの表示になれば、晴れてサーバーの立ち上げが完了です。

なぜ先にログイン直前まですすめてから起動したかと言うと、サーバーに誰もログインしていない状態が5分続くと、サーバーが停止してしまうからです。もちろん、停止される前にセーブされるので、遊ぶのをやめるときはご心配なく。

ログインしよう!

後はもう簡単です!

サーバーに接続!!

無事にワールドに入れれば完了です!お疲れさまでした!

お友達にもログインしてもらって、一緒に遊びましょう!!

友達もサーバーを起動できるようにする方法

先ほども説明した通り、誰もいないとサーバーは5分で閉じてしまいます。
もしお互いに一人でサーバーにログインしたい時間があったら、これは少し不便ですよね。

でも大丈夫です。フレンドアクセス機能を使えば、遊んでいるほかのプレイヤーがサーバーを起動できるようにできます

画面右上の「フレンドアクセス」をクリックして…

相手のAternosユーザー名を入力しましょう!

ここで注意するのは、マインクラフトのユーザーネームではなく、Aternosのユーザー名だということです。つまり、相手にもAternosのアカウントを作ってもらう必要があります。

  

Forgeのバージョンが古い場合のアップデートについて

安定版のフォージを使っていると、マイクラにログインしたときに、ver〇,○○以降のForgeが必要です、みたいな文が出てきてログインできないことがあります。これは、使っているMODがより新しいForgeを要求しているからです。

Forgeをアップデートするためにやることは
Forgeの最新版をインストール
・Forgeの新バージョンの起動構成を作る

です。インストールしただけではだめなので気を付けてください。

これだと古いバージョンのフォージの起動構成が残ってしまうのですが、フォージの起動構成はそのままだと編集できません。それが気になる場合はコチラの外部サイトを参考に削除、編集可能にしてください。

メニューのその他の項目について

ホーム:メニューと同じように別のページに移れるほか、Aternos運営とコンタクトをとれるSNSなどのページへのリンクと、チュートリアル動画(英語)へのリンクがあります。

・コンソール:ここでは、スラッシュ抜きでマイクラのコマンドを打つことができます。あまり詳しくはありませんが、自宅サーバーで自分にOP権限を与えるときなどに使うようです。普通使いませんが、機能としてあるのでしょう(上級者は使うのかも?)

・ログ:サーバーで何があったかが記録されていきます。わかる人が見ればわかるんでしょう。

・バックアップ:グーグルドライブと連携して、ワールドのバックアップを取ることができます。

MODのコンフィグについて

一度ワールドにログインすることで、configのフォルダが追加されます。MODのコンフィグファイルはその中にあるので、自分のPCでやるように弄りましょう。

まとめ

要約すると

  • アカウント作る
  • サーバー設定する
  • 起動してログイン!

以上!

それでは良いマルチプレイを!!

↓本格的に遊びたいなら有料サーバーがおすすめ!今なら無料体験中!

おまけ:バニラサーバーのままマイクラに要素を追加する2つの方法

「MODを入れて遊びたいけど友達はPCに詳しくない!」「MODは使いたいけど最新バージョンで遊びたい!」 今回はMODを入れたサーバーの立て方を紹介しましたが、こう思う方もいらっしゃるかもしれません。そんなあなたにお勧めなのがデータパックと「プラグイン」です。

どちらもサーバー側に導入するだけでOKで、しかも大半が新しいバージョン用につくられています。

データパックとは

データパックは小規模なものがほとんどですが、MODにはないような個性的なものが多いです。逆に大規模で高クオリティの物もあり、下に貼ったページではなんと超リアルな銃を追加することができます。これはAternosで唯一導入可能な銃MODと比較してもかなり素晴らしいです。

Aternosに用意されているものしか使えないMODとは違い、自分で用意すればなんでも導入可能なのもデータパックの魅力。

プラグインとは

プラグイン大人数で遊ぶのに適した要素が数多くあります。ワープコマンドを追加したり、複数ワールドを管理したりと、まるで本格マルチサーバーのようなサーバーを作ることができるでしょう。MODのように新要素を追加するものもあり、木こりプラグインや、銃プラグインもあります。

導入もMOD並みに簡単で、かなりのプラグインが実質的に最新バージョンに対応しています。

MODと違い、初めて聞くのでためらいがちですが、どちらも使ってみると非常に面白いのでぜひお試しください。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。